石井町の痛み治療専門ORGANIC鍼灸整骨院 石井院 | ぎっくり腰

メニュー

営業時間

午前 9:00 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 20:00

休診日祝日

ぎっくり腰2022年07月04日

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは、急に激痛が腰に発生する症状のことです。別名「魔女の一撃」とも呼ばれ、あまりの痛さに一歩も動けず日常生活を送ることが困難になる人もいます。でも、心配することは全くありません。このページでは、ぎっくり腰について説明します。

ぎっくり腰が起こる原因は?

ぎっくり腰は突然起こると言われますが、どんな時に多いのでしょうか。私がこれまでぎっくり腰を診てきた中では、くしゃみをした時やはみがきをしている時、起床時や重たい物を持った時などぎっくり腰になったきっかけは様々です。また、重い物を持ち上げたなどの明確に負担をかけたことが原因である場合は比較的少なかったです。では、ぎっくり腰を引き起こしてしまう原因というのは何なのでしょうか。

まず、ぎっくり腰というのは筋肉が原因の痛みです。そして激しい痛みの原因は「筋肉がつってしまった」状態にあることです。あなたもふくらはぎがつってしまった経験はありませんか。すごく痛いですよね。それと同じで筋肉が痙攣を起こしてしまい緩むことができなくなってしまっているのです。つまり、腰の筋肉が痙攣している状態がぎっくり腰なのです。筋肉の緊張が解けない状態なので自律神経の闘う方の神経(交感神経)が興奮しています。

ぎっくり腰は突然なるとは言いましたが、実はそれは違います。日々の小さな負担が積み重なって、ある日些細なことをきっかけにして弾けてしまった時にぎっくり腰が起こります。小さな負担は、仕事や家事、育児、ストレスなど様々です。強い痛みは、あなたへの「少し休ませて」という身体からのサインなのです。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰の症状はとにかく強い痛みです。背筋を伸ばすことができずに膝に手をつきながら歩くしかできなかったり、寝返りをする、椅子から立ち上がる時などにズキっと激しい痛みが起こります。動かなければ痛みはあまりないことが多いです。しびれや感覚が鈍くなるなどの症状はありません。とにかく動くとズキっと強く痛むので動かすことができないという状態になってしまいます。ぎっくり腰というので腰にしか起こらないかというとそうではなく、腰より少し上の背中にも起こります。背中に起こると胸郭が動くたびに(息をするだけで)ズキっと痛みます。

ぎっくり腰は癖になる?!

結論から言うと、ぎっくり腰は癖にはなりません。ぎっくり腰を繰り返してしまっている人は、ギックリ腰を繰り返してしまう理由があるのです。それは、腰に負担をかける姿勢(猫背など)をしていたり、左右のバランスが悪く片側に多く負荷をかけている、ストレスを抱え込み常に緊張状態にあるなどです。ぎっくり腰になって一度治っても悪い姿勢や生活習慣が改善されていなければもう一度ぎっくり腰を起こす可能性が高くなってしまいます。ぎっくり腰は癖になりませんが、ぎっくり腰になりやすい人はいるということです。

ぎっくり腰はどれぐらいの期間で治る?

ぎっくり腰になった初日はとにかく激しい痛みで動けないので本当に治るのか?と不安になることもありますが、多くの場合激しい痛みは数日で改善します。痛みが完全に治るまでには1週間から10日ぐらいです。ただ、ぎっこり腰も個人差がありますし、ぎっくり腰だけなのか、仙腸関節(骨盤の部分)にも炎症があるなどの場合はもう少し時間がかかります。

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰は、筋肉の痙攣が痛みの原因です。痛みの原因になっている筋肉を特定し緩めてあげることが重要です。また、姿勢を変えるたびにズキっと痛んで筋肉が引き攣ってしまいますので自律神経の興奮を鎮めなければいけません。闘う神経である交感神経は、筋肉を収縮させてしまうので反対のリラックスの神経である副交感神経を優位にしてあげるために針治療も有効です。どうしても仕事を休めないなどの場合にはテーピングや置き針といった処置をすると効果的です。

TOPへ